2学期末テスト・定期テスト対策中間報告。

はじめに、先日51連勤と書いたのは、すみません。盛りすぎでした。正確には、
47連勤でした。今日で、36連勤中。1日も休んでいません。
やっぱり、人ではない存在なのかもしれない。生徒が言うように。平均睡眠時間も、
ほぼ4~6時間ですからね。

日曜日の定期テスト対策もあとは中島中学だけが対象となっています。
柏中はもう結果も帰ってきていて、全員が向上とは言いませんが、
中3は1学期末よりも上がっています。
330点台が350点台へ
390点台が410点台へ、
をはじめとして向上しています。あんまり勉強していないと怒られてばかりなのに
なぜか上昇している。
指導の成果といえるのでしょうか。

ある中学ですが、
中2は社会で、いつも通りの点数が取れていません。小学生のころから社会が苦手で
点数の取り方を一つ一つ教えて、道コンでもようやく点数が取れるようになったし、
定期テストも点数が上がってきていたので。
問題を確認したところ、従来型の学習では点数が取れないタイプの問題でした。
基本社会は教科書に沿って、出るところが一定程度予測でき、それを問題や学校のワーク
メビウスのプリントなどで繰り返し覚えていきます。

時事問題プリントも作成しますし、直前には一問一答式のプリントを渡して覚える
ことに焦点を当てていました。また効果も結構あったのですが、
時勢によるものでしょうか、資料を活用させるタイプの問題が出ていました。

例えば、昼夜間人口の比率を計算によって求めさせるとか、記述も文章形式で書かせるとか
単純に暗記ではない、対応力を求めるものでした。
非常に良問ではあるけれども、塾は泣かされるタイプの問題で、問題演習中心の授業を
行う、あるいは、教科書準拠の教材のみを用いる塾では点数を取らせる授業が、できないだろうと
思われました。今後このタイプの問題が多く出るのであれば、塾はそれに合わせた対応を取らざるを
得ないだろうと個別指導つぶしとまでは言いませんが、そこそこ対応に気を使わせる問題でした。
逆にこの程度の低下でよく済んだものだと、生徒をほめてあげたいくらい。
点数下がってほめられるというのもあまり気分がいいものではないかもしれませんがね。

中1も点数は予想通り低下しましたが、逆に平均との比較では差を広げているので、
とりあえずは。。。と思います。
点数を報告しながら、中1女子の一人は
「下がったけど怒らないでくださいね。怒らないでくださいね。」

そんな甘い願いもむなしく。怒られてしまいます。
皆さんはさらなる高みを目指していくべき人たちなのですから。

2018年11月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

小6算数「速さ」についての勘違い。

当塾の6年生でも速さの苦手な子がいます。
その対応策は、別項目になるので。

今回は、中学に行ってからのお話です。
小学校のレベルで行う「速さ」は「速さ」の基本領域を扱います。
難しいことはあまりないですし、流れて行きますから、あまり問題を
親、生徒自身が感じないことが多いのですが、小学校でやっているレベルでは
中学の定期テストなどで点数は、取れません。

というのも、点数の取れない部分を勘違いしているからなのです。
多くの生徒は、「速さ」のどの部分で失点するかといえば、
ズバリ「単位の変換」なのです。

「速さ」自体の単位変換 つまり、秒速→分速→時速の変換ができません。
その逆も、できないというより忘れてしまっています。
もう一つは「時間」の単位変換。
分から時間が、あるいはその逆ができません。具体的に言えば、20分→1/3時間がすんなりと
出てこないのです。小数でやろうとして壁にぶち当たる子もいますし。。。

中学校の問題は意地悪で、
時速5キロで1時間20分歩きました。とか45分歩きましたとか、
異なる単位を併用してくるパターンが大変多いのです。

普通に5×1.2とかしますので。生徒たちは、なぜ間違いかも、わからず、そのまま流して
しまっているパターンもあります。

この点は、中学を見据えたうえで、今きっちりと定着させなければなりません。
ご家庭でも意識して見直しが必要です。

当塾では、時間の変換はすべて暗記項目です。
1分→1/60時間から、24分→2/5時間などなど、全てホワイトボードにまとめて
ノートに写していただいています。
「速さ」の単位変換も同様で、この2点に一番力を入れているかもしれない。

集団コースは、5年次と6年次両方とで「速さ」は学習するので、長く通っている子ほど
その定着率は高いかな。。。

2018年11月12日 | カテゴリー : 学ぶ, 教える | 投稿者 : patkyouiku

小6算数の隠れた急所。場合の数

「先生この問題わかりません」
はいはい。学校より難しいことしているもんね。
「初めに選べるのは何通り?」
「数字の書かれたカードは5枚あるので、5通り」
「じゃあ、一枚選んで、4枚になりました。選べるのは?」
「4通り。」
「じゃあ、5通り選んで、その次のもう一枚は4枚の中から自由に選べるから。。」
「5×4で20通り?」
「はい正解」

小6の集団コースでしている学習です。
鍜冶的にはここが肝だと思っていて、小学校できちんとできていても安心はできない
と考えています。

脱ゆとりが叫ばれて久しいのですが、元々中2で学習していた「場合の数」は、小6に移りました。
中2では同系統の内容は「確率」からスタートとなります。
しかし、中2段階でこの「場合の数」を覚えている生徒は少なく、小学校でもごく初歩的な樹形図
しかしないため、「確率」がはじめからわからない生徒が続出します。
そこで、その点を理解している中学校の先生は、「場合の数」ももう一度丁寧に説明してくださるのですが、
これは完全に当たりはずれの問題になってしまいします。

また、「確率」自体が中2の最後の単元になるため時間的な余裕がない場合もあるので。。。
けれど、高校入試には必ず出る単元ですから。
うちの塾で、教科書の内容を超えて、高校生のする内容までに踏み込むのは、
このような意味があるのです。

生徒たちにとっては学校よりも難しいから、大変だとは思うのですが、
将来を見据えたことをしないと結局よりつらい思いをするのは、生徒たちですから。
今頑張っていただきます。

冬期講習の時間割は完成しました。Webの改定はもう少しかかりますが、
今週の中ごろには公開いたします。

2018年11月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

ブロードバンド予備校の効果。

ブロードバンド予備校は、何とか衛星予備校と基本的に同じ仕組みですが
値段はかなり安いのです。
受け方にもよるのですですが、多分、半額程度だと思います。

基本当塾は月額制なので、休まずきちんと受ければ、前期分で36000円程度。
70000円を一括で納入するのが基本なので。どちらも税別。
導入するのに1000万近く必要だと聞いたので。
その初期投資の回収分が含まれていそうですが。。。

で、効果の方はどうかというと。

ある高1生が進度準拠の講座をとっていますが、唯一その科目のみが
学年平均を大きく超えています。

今度から受講科目を増やすことになりました。

あまり、話題にのぼらないことなのかもしれませんが、
高校の先生のすべてがわかりやすい授業をしているわけではありません。
滑舌が悪くて何いっているんだかわからないとか。
よく聞いています。説明もあまり詳しくされていない場合があります。
考えれば、
その科目が得意であるから高校レベルの先生をしているわけです。
僕にも経験がありますが、自分が得意であれば、この位はわかるだろう
という感覚で授業を進めてしまう場合もあるわけです。

ところが、その「このくらい」が生徒にはわかりません。
テスト的には問題集と同じ問題が出たりするので、評定は低くないけれど、
実践的な内容が全く身につかず、高3を迎えるケースがやはり多いのです。
すると模試でも、センター試験でも思ったほど点数が取れない。
個別指導やブロードバンド予備校で「このくらい」を
つぶしておく必要があります。

「先生の言ってることが、ここ説明してくれなくて、わかんないんですよね」
「うーん。ここは中学校でやっているところだから、もうわかっているものとして端折ったのかもしれないね。」
説明を中学段階から高校段階まですると何とか理解はしてもらえたようです。
理科、化学基礎や物理基礎では実際によく出くわす場面なのです。
中学のことがわからないのが問題でしょ。というのは簡単だけれど。
その現状をまず解決してあげないと、先には進めない。

個別、ブロードバンド予備校を織り交ぜながら、問題を解決していく必要があると
思っています。

2018年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

当塾における高校生のロードマップ。

うちの塾の高校生指導はそれなりに充実していると思っています。
自己満足の領域を超えるものではなくて、
もっと予備校とか専門塾の方がよいのでしょうけれど。
ほとんどが、中3からの持ち上がりで高1を過ごします。

高1段階では、
数学Ⅰ・Aにおいて各乞うことも大きな進度の差がないので
集団で授業を進めて行きます。

個別で授業を進める場合もあるのですが、教科書に即してとか
指定校推薦を考えているのでなどのケースがほとんどです。

基本、鍜冶一人で個別指導も行うので、あまり他のところに比べ
授業の自由度がありません。その点は申し訳ありません。
後半に入ると、個別に課題が明確化していくので、個別に
切り替えていきます。

高2段階では、
個別指導がベースになり、それにブロードバンド予備校を組み合わせていきます。
ブロードバンド予備校は自由度が高い一方で、授業が一方通行になりがちなので、
それなりの水準に到達しないと時間とお金が無駄かなと考えるからです。
この点が、小規模な塾長自ら授業を個別でみていく塾の利点だろうと思っています。
個別指導をしながら、到達段階、方向性に合わせて最適な授業をおすすめできるから。
現在も併用している生徒、個別指導のみの生徒がいます。

高3段階では、
ブロードバンド予備校が中心になります。
体系的に学習できるのは大きな魅力ですし、それをピンポイントでできるので。
質問はよく来ます。この問題説明聞いたけどよくわからない。
教えて。
その子のレベルに合わせてかみ砕いて、もう一度説明することも多いのです。
指定校推薦の場合は、個別指導を行います。過去においてはAO入試向けの
指導も小論文の指導も行っておりました。
今は一般に入試の生徒ばかりなので、指定校推薦の子はもうすでに合格の内定が
もらえて、鍜冶の役割も終了しましたので。卒業となっています。

高校生を指導する塾はあまり多くありません。
細かすぎるし、高度すぎるから。
うちはそこそこやります。本当の出口、ゴールはまずは大学入試だから。
高校合格して安心なんて、入試制度改革の中で夢にも思ってはいけない
ことですからね。

2018年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

Should Want to Can PAT共育式練習法。

うちの末娘は、ミニバスをしています。
この間も全市大会あと一歩というところ、スカウティングの差で負けてしまったようです。

元々、バスケは全く分かりません。ただ、試合に出たいならば、
まず、ディフェンスではないかと素人ながら考えておりまして、
というのも。ディフェンスは「差を生み出す」部分。
バスケのように高得点型のスポーツであれば、あるほど。
ある意味、様々な手段で得点を取ることが一定レベルであれば当たり前のスポーツならば、
相手の攻撃を封じ込める手段の多い方が「差を生み出し」やすいのではないかと思いました。
あっているかどうかはわかりませんが。

アメリカンフットボールでも、ディフェンスが一定程度の水準でなければ、(相手の攻撃を止められなければ)
スーパーボウルリングは手に入れられないので。
一番好きなのがNFLなので、すみません。

「試合に出たい」これが彼女の(want to)したいことであるならば、
「ディフェンス力を個人として伸ばすこと」これが彼女の(Should)すべきこと。

そのために今できること、(can)。できないこと(can’t)を分析し、その点を意識して
トレーニングをするように言いました。

また、チームスポーツなので、
我なくして他者なし、他者なくして我なし。
チームへの献身とスキルの向上こそが信頼の源。ということを言って約1年。
最近は練習の帰りも泣かなくなりました。

彼女の望む姿になれているかどうかは、わかりませんが、まあ、満足は出来ているようです。

これは、でも、当塾の学習指導の方向性でもあります。

一人一人のWant to。成績を上げたい。志望校に合格したい。それをShouldとCanの観点で
細かく分析していかないと、成果は上がらない。そのために、客観的な立場からコーチングするのが
塾の務めです。この分析は学習面ではごく当たり前のことですよね。

最近は、Want to(サッカーしたい・部活したい・ゲームしたい)を優先させるばかりで、
Must(勉強しなければならない・授業をきちんときかねばならない・
練習をきちんとせねばならない)を無視する子もあるので、
鍜冶のサンダーボルトはうなりまくりですが。

子ども向けのPDCAサイクルを説明した本も近頃流行中だそうですが、まずは根本のWant toが脆弱ならば、
PDCAもうまく回転しませんし、これをうまく回転させるためのShould-Can分析なのです。
当然低学年であれば、どちらも一人でうまくできませんし、
中学生になっても高校生になっても、この部分では気持ちが分散しがち。
ゆるんだ時や方向を誤った時には修正する。コーチ役が必要だと考えています。

2018年11月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

冬期講習広告を入れません。今年も

冬期講習に向けて折り込みが入っています。
PAT共育ゼミナールは今年も入れません。
万年貧乏塾ですし、
広告にかけるお金があるならば、生徒さんに還元するのが
当たり前だと思うので。その分、受講料を低く設定します。

それで見てみたのですが、
なんと、増進会さんは冬期講習無料らしいです。
久しぶりな気がします。これは行くしかないかもしれません。

と同時に、やはり、教材会社の人がおっしゃっていたように
大手は生徒募集が厳しいのかもしれません。
特に道内の上位といわれるところは、どこも軒並みこの春から
苦しんでいるそうです。

立派なビルを建てたり、校舎を新規移転したりしている塾で
中1、中2が2.3名で授業しているところもあるそうです。

「あー。○○さんですか」
「その通り。鋭いですね」
「いや、いや、生徒からも全然話題にのぼってなくて。新校舎近くにできたのに。。」
「まさに、それらしいですよ。内部情報によると。」
「いや、内部って。。」
「もう何人もおやめになってるんですよ」
「旧部門の方から?」
「はい。で、新規で塾を立ち上げるらしくて。。」

という大変生々しい会話を以前しておりました。

この春から夏にかけて、そして秋も新規で小規模な塾が立ち上がった一因と
考えられます。

立ち上げても半数以上が半年でつぶれてしまう。飲食業とそう大差ない業界なので。
より厳しいですね。

ではなぜ、大手の塾さんは厳しいかというと。基本イメージかな。と思います。
多くの人数を大教室に集めて予備校的に授業をしている。
規模のイメージに差はあれ、子供に本当に寄り添ってくれるかどうか。
授業だけを売り物にするなら、ユーチューブでみられる動画がたくさんあるし。
それらの多くは無料だし、通信教育でも同様の安価なものがある。
わざわざ高額でなおかつ出向かなければならない塾に保護者は価値を見出せないのでは
ないかと思うのです。
どこまでとことん見てくれるか。どれだけ子供のことをわかってくれるか。
人対人の商売だし、どんな人が見てくれるか。いわば顔が見えないから。
その点で、大手は信頼されていないのではないかと思います。
当然、その解決策はあるはずなのですが。。。
広告費に対する見返りは少ないのではないかと思います。

ともあれ、今週末を目標にうちも冬期講習の時間割を打ち出します。
あー。無料じゃありませんよ。

PAT共育にしとけばいいのにねぇ。

当塾は、講習会の際にとか、新学期を迎えとか、定期テスト対策でとか。
その時期に毎に爆発的に生徒が増える塾ではないのですが、9月に2人、10月に2人とか
毎月、ちょこちょことと生徒数が増えていきます。
生徒の入塾が全くなかった月は6月だけかな、記憶の範囲でいうと。

ここのところの入塾は送迎車に絡んでのものが多いですね。
忙しいご家庭にとって、塾の送り迎えは、これからの時期は大問題。
自転車が使える時期はいいのですが、雪が降る時期になると。。。
ご家庭からの迎えがないならば、歩いて帰ることになります。
勉強している本人はいいにしても、週3回の送迎は半端ない負担でしょう。

この間の定期テスト対策の帰り道、ある塾の横を通るのですが、お迎えの車が数台。
生徒待ちでしょう。その横をうちの車が通り抜けていきました。
「おとうさん、お母さんも大変だねー。」
その日は雨の日曜日。くつろぎタイム(親にとっての)でもあるでしょうが。。。
ご家庭の熱心さに頭が下がる思いです。
「みんなうちの塾にしとけばいいのにねー」乗ってた子がいいます。
「たぶん、うちの親、家でお酒飲んで寝てるわー。か風呂入ってるな。」
えっ大河ドラマの時間なんですですけど。NHKに受信料払ってない派?ひょっとして。
でも、そうなんですね。

親は楽なのです。送迎をご利用いただくと。
授業の始まる前に、家まで来て連れ去り、12時間くらい勉強させて、家の前まで
送り届ける。正直、中学生の親ならばストレスフリーだと思います。
利用料はかかりますが、回数制なので、1回利用で100円。
暗くなるのも早いし、寒いし。冬こそ利用の価値があります。

送迎があるので、という理由でも選ばれている。

塾は何のためにあるのか。これは常に私らに突き付けられる課題なのですが。
基本、私はご家庭の負担を軽減することがその存在理由だと思っています。
ご家庭で、親が勉強教えて上げられれば、本来はいいのですし、それは、
素晴らしいことだと思います。
でも、様々な側面から、それは難しい。例えば、科目の知識やテクニック。
あるいは子供を教えることのストレス。
それを補完するのが、学習塾なのだと思っています。
送迎車もその一端ですし。家でお酒飲んで寝てもらえていれば、その目的は
カジ的に一部達成かなとも思うのです。

2018年11月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

「ワンチャンいけるっしょ」→行けるわけない。。。中3の授業中

中3の授業中、

「こんな結果で、志望校なんて通るわけないやん」
と鍜冶が説教をかましていました。
「いやあ。先生。ワンチャン行けるっしょ」
と大変能天気なリアクション。ポジティブな発想は良しとしつつも
「何回、やった上でのワンチャンよ。50回か?」
「50回やった上で1回なら、確率は50分の1。率にして、2%。
逆から言えば98%ダメってことじゃん。どうすんのよ」
「…。」
そもそも入試に50回もチャンスあんのかよという話でもありますし。
ワンチャンという言葉は、現実を曇らせます。確かに、道コンでも最低合格確率は2%
だし。。。
でも、その前に広がるのは、ほぼ不可能に近いという現実です。
きちんとした積み重ねをした上で、可能性を広げなければならないことを全く理解していない
言葉であると思います。

先生に思うままの疑問をぶつけられるのは、うちの良い点です。
集団塾ではなかなかない特性のうちの一つで、それ許してたら、新人の先生なら授業崩壊するし。
鍜冶だからできることのうちの一つだろうとは思っているのですが、

疑問でもなんでもなく、ワンチャンという言葉は妄言なので、
厳に慎んでいただきます。

しっかりしてくれ、中3生。

2018年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

定期テスト対策実施中!!鍜冶は51連勤継続中。。。

現在、当塾は定期テスト対策を実施中です。
普通に日曜日も授業を入れているので、9:00~20:50やっているので、
当然、鍜冶は休めません。
今のところ、11月24日まで休みの予定はありません。
この前休んだのが、10月の7日なので、結構前、約1か月は休んでないな。
でも、生徒の面倒見てやろうと思えばそれも当たり前かな。
授業や業務以外、あまりしたいこともないので。。。
基本、生きるために仕事をするのは嫌なので。
仕事をするために、生徒の成績を上げるために生きてるという覚悟でやってる塾だから
不思議と辛さは感じていないのです。
柏中の対策は終了し、中島中などの対策がこれからの中心になります。

問題演習をさせるだけではなくて、どの教科も過去問を分析し、
各中学に向けて、この問題をするべき、しなくてもよいという絞り込みを
講義しています。効率よく学習は出来ているけど。
でも最終的には時間をかけないといけませんね。
演習時間や学校のワークを解説する時間をとっています。

あと2週間くらいで結果は出るので。。。

2018年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku