代表のブログ

ブログ一覧

小6算数「速さ」についての勘違い。

当塾の6年生でも速さの苦手な子がいます。
その対応策は、別項目になるので。

今回は、中学に行ってからのお話です。
小学校のレベルで行う「速さ」は「速さ」の基本領域を扱います。
難しいことはあまりないですし、流れて行きますから、あまり問題を
親、生徒自身が感じないことが多いのですが、小学校でやっているレベルでは
中学の定期テストなどで点数は、取れません。

というのも、点数の取れない部分を勘違いしているからなのです。
多くの生徒は、「速さ」のどの部分で失点するかといえば、
ズバリ「単位の変換」なのです。

「速さ」自体の単位変換 つまり、秒速→分速→時速の変換ができません。
その逆も、できないというより忘れてしまっています。
もう一つは「時間」の単位変換。
分から時間が、あるいはその逆ができません。具体的に言えば、20分→1/3時間がすんなりと
出てこないのです。小数でやろうとして壁にぶち当たる子もいますし。。。

中学校の問題は意地悪で、
時速5キロで1時間20分歩きました。とか45分歩きましたとか、
異なる単位を併用してくるパターンが大変多いのです。

普通に5×1.2とかしますので。生徒たちは、なぜ間違いかも、わからず、そのまま流して
しまっているパターンもあります。

この点は、中学を見据えたうえで、今きっちりと定着させなければなりません。
ご家庭でも意識して見直しが必要です。

当塾では、時間の変換はすべて暗記項目です。
1分→1/60時間から、24分→2/5時間などなど、全てホワイトボードにまとめて
ノートに写していただいています。
「速さ」の単位変換も同様で、この2点に一番力を入れているかもしれない。

集団コースは、5年次と6年次両方とで「速さ」は学習するので、長く通っている子ほど
その定着率は高いかな。。。

2018年11月12日 | カテゴリー : 学ぶ, 教える | 投稿者 : patkyouiku

小6算数の隠れた急所。場合の数

「先生この問題わかりません」
はいはい。学校より難しいことしているもんね。
「初めに選べるのは何通り?」
「数字の書かれたカードは5枚あるので、5通り」
「じゃあ、一枚選んで、4枚になりました。選べるのは?」
「4通り。」
「じゃあ、5通り選んで、その次のもう一枚は4枚の中から自由に選べるから。。」
「5×4で20通り?」
「はい正解」

小6の集団コースでしている学習です。
鍜冶的にはここが肝だと思っていて、小学校できちんとできていても安心はできない
と考えています。

脱ゆとりが叫ばれて久しいのですが、元々中2で学習していた「場合の数」は、小6に移りました。
中2では同系統の内容は「確率」からスタートとなります。
しかし、中2段階でこの「場合の数」を覚えている生徒は少なく、小学校でもごく初歩的な樹形図
しかしないため、「確率」がはじめからわからない生徒が続出します。
そこで、その点を理解している中学校の先生は、「場合の数」ももう一度丁寧に説明してくださるのですが、
これは完全に当たりはずれの問題になってしまいします。

また、「確率」自体が中2の最後の単元になるため時間的な余裕がない場合もあるので。。。
けれど、高校入試には必ず出る単元ですから。
うちの塾で、教科書の内容を超えて、高校生のする内容までに踏み込むのは、
このような意味があるのです。

生徒たちにとっては学校よりも難しいから、大変だとは思うのですが、
将来を見据えたことをしないと結局よりつらい思いをするのは、生徒たちですから。
今頑張っていただきます。

冬期講習の時間割は完成しました。Webの改定はもう少しかかりますが、
今週の中ごろには公開いたします。

2018年11月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

ブロードバンド予備校の効果。

ブロードバンド予備校は、何とか衛星予備校と基本的に同じ仕組みですが
値段はかなり安いのです。
受け方にもよるのですですが、多分、半額程度だと思います。

基本当塾は月額制なので、休まずきちんと受ければ、前期分で36000円程度。
70000円を一括で納入するのが基本なので。どちらも税別。
導入するのに1000万近く必要だと聞いたので。
その初期投資の回収分が含まれていそうですが。。。

で、効果の方はどうかというと。

ある高1生が進度準拠の講座をとっていますが、唯一その科目のみが
学年平均を大きく超えています。

今度から受講科目を増やすことになりました。

あまり、話題にのぼらないことなのかもしれませんが、
高校の先生のすべてがわかりやすい授業をしているわけではありません。
滑舌が悪くて何いっているんだかわからないとか。
よく聞いています。説明もあまり詳しくされていない場合があります。
考えれば、
その科目が得意であるから高校レベルの先生をしているわけです。
僕にも経験がありますが、自分が得意であれば、この位はわかるだろう
という感覚で授業を進めてしまう場合もあるわけです。

ところが、その「このくらい」が生徒にはわかりません。
テスト的には問題集と同じ問題が出たりするので、評定は低くないけれど、
実践的な内容が全く身につかず、高3を迎えるケースがやはり多いのです。
すると模試でも、センター試験でも思ったほど点数が取れない。
個別指導やブロードバンド予備校で「このくらい」を
つぶしておく必要があります。

「先生の言ってることが、ここ説明してくれなくて、わかんないんですよね」
「うーん。ここは中学校でやっているところだから、もうわかっているものとして端折ったのかもしれないね。」
説明を中学段階から高校段階まですると何とか理解はしてもらえたようです。
理科、化学基礎や物理基礎では実際によく出くわす場面なのです。
中学のことがわからないのが問題でしょ。というのは簡単だけれど。
その現状をまず解決してあげないと、先には進めない。

個別、ブロードバンド予備校を織り交ぜながら、問題を解決していく必要があると
思っています。

2018年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

当塾における高校生のロードマップ。

うちの塾の高校生指導はそれなりに充実していると思っています。
自己満足の領域を超えるものではなくて、
もっと予備校とか専門塾の方がよいのでしょうけれど。
ほとんどが、中3からの持ち上がりで高1を過ごします。

高1段階では、
数学Ⅰ・Aにおいて各乞うことも大きな進度の差がないので
集団で授業を進めて行きます。

個別で授業を進める場合もあるのですが、教科書に即してとか
指定校推薦を考えているのでなどのケースがほとんどです。

基本、鍜冶一人で個別指導も行うので、あまり他のところに比べ
授業の自由度がありません。その点は申し訳ありません。
後半に入ると、個別に課題が明確化していくので、個別に
切り替えていきます。

高2段階では、
個別指導がベースになり、それにブロードバンド予備校を組み合わせていきます。
ブロードバンド予備校は自由度が高い一方で、授業が一方通行になりがちなので、
それなりの水準に到達しないと時間とお金が無駄かなと考えるからです。
この点が、小規模な塾長自ら授業を個別でみていく塾の利点だろうと思っています。
個別指導をしながら、到達段階、方向性に合わせて最適な授業をおすすめできるから。
現在も併用している生徒、個別指導のみの生徒がいます。

高3段階では、
ブロードバンド予備校が中心になります。
体系的に学習できるのは大きな魅力ですし、それをピンポイントでできるので。
質問はよく来ます。この問題説明聞いたけどよくわからない。
教えて。
その子のレベルに合わせてかみ砕いて、もう一度説明することも多いのです。
指定校推薦の場合は、個別指導を行います。過去においてはAO入試向けの
指導も小論文の指導も行っておりました。
今は一般に入試の生徒ばかりなので、指定校推薦の子はもうすでに合格の内定が
もらえて、鍜冶の役割も終了しましたので。卒業となっています。

高校生を指導する塾はあまり多くありません。
細かすぎるし、高度すぎるから。
うちはそこそこやります。本当の出口、ゴールはまずは大学入試だから。
高校合格して安心なんて、入試制度改革の中で夢にも思ってはいけない
ことですからね。

2018年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku

Should Want to Can PAT共育式練習法。

うちの末娘は、ミニバスをしています。
この間も全市大会あと一歩というところ、スカウティングの差で負けてしまったようです。

元々、バスケは全く分かりません。ただ、試合に出たいならば、
まず、ディフェンスではないかと素人ながら考えておりまして、
というのも。ディフェンスは「差を生み出す」部分。
バスケのように高得点型のスポーツであれば、あるほど。
ある意味、様々な手段で得点を取ることが一定レベルであれば当たり前のスポーツならば、
相手の攻撃を封じ込める手段の多い方が「差を生み出し」やすいのではないかと思いました。
あっているかどうかはわかりませんが。

アメリカンフットボールでも、ディフェンスが一定程度の水準でなければ、(相手の攻撃を止められなければ)
スーパーボウルリングは手に入れられないので。
一番好きなのがNFLなので、すみません。

「試合に出たい」これが彼女の(want to)したいことであるならば、
「ディフェンス力を個人として伸ばすこと」これが彼女の(Should)すべきこと。

そのために今できること、(can)。できないこと(can’t)を分析し、その点を意識して
トレーニングをするように言いました。

また、チームスポーツなので、
我なくして他者なし、他者なくして我なし。
チームへの献身とスキルの向上こそが信頼の源。ということを言って約1年。
最近は練習の帰りも泣かなくなりました。

彼女の望む姿になれているかどうかは、わかりませんが、まあ、満足は出来ているようです。

これは、でも、当塾の学習指導の方向性でもあります。

一人一人のWant to。成績を上げたい。志望校に合格したい。それをShouldとCanの観点で
細かく分析していかないと、成果は上がらない。そのために、客観的な立場からコーチングするのが
塾の務めです。この分析は学習面ではごく当たり前のことですよね。

最近は、Want to(サッカーしたい・部活したい・ゲームしたい)を優先させるばかりで、
Must(勉強しなければならない・授業をきちんときかねばならない・
練習をきちんとせねばならない)を無視する子もあるので、
鍜冶のサンダーボルトはうなりまくりですが。

子ども向けのPDCAサイクルを説明した本も近頃流行中だそうですが、まずは根本のWant toが脆弱ならば、
PDCAもうまく回転しませんし、これをうまく回転させるためのShould-Can分析なのです。
当然低学年であれば、どちらも一人でうまくできませんし、
中学生になっても高校生になっても、この部分では気持ちが分散しがち。
ゆるんだ時や方向を誤った時には修正する。コーチ役が必要だと考えています。

2018年11月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : patkyouiku